放課後等デイサービスの運営基準

  • 利用定員10人以上(主として重症心身障害児を通わせる場合は、5人以上
  • あらかじめ協力医療機関を定めておく必要があります
  • 苦情を受け付けるための窓口を設置するなど、必要な措置を講じる

 

その他

 

放課後等デイサービス運営事業者は、年に1回サービスについて自己評価し、公表しなければなりません。

平成24年4月に制度が施行されてから、事業者数及び利用者数がともに、飛躍的に増加しました。

 

しかし、反面、質の低い事業者が多く誕生したのが、問題になっています。

障害福祉事業の収益面のみを求めて多くの事業者が参入した、結果です。

 

今後は、運営面での差別化をしていかなければ、利用者の獲得は難しいと思います。

質の良い事業者が生き残り、市場は適正化されていくでしょう。

 

放課後等デイサービス