いいえ、そうでもありません。

現場レベルでは、総量規制がなされた自治体でさえ、サービスが足りていないように感じているケースもあります。

サービスを受けたい障害児は、たくさんいます。

既存の事業所はたいてい黒字です。

 

ただ、廃業する放課後デイも出ています。

理由のほとんどは、職員確保ができなかったからです。

 

サービスが飽和しているのではなく、サービスが増えたことで、スタッフの取り合いになっています。

そのため、人員基準を満たせなくなった事業所が、廃業していっています。

 

障害福祉サービスは、有資格者など人員基準が厳しいため、スタッフ確保が事業成功の鍵になります。

そのためには、働き易い、定着しやすい職場にするのも、経営者の役割です。

 

放課後等デイサービス