まず、ご自身が、障害児の方たちの教育をどのように考えておられるかです。

事業を始める動機となった部分だと思います。

 

既存の放課後デイのプログラムに疑問を感じた、自分ならもっと良いプログラムができるなどの想いがあると思います。

全く新しい形の放課後デイを目指している場合もあるでしょう。

 

その理想を叶えるために、日々のプログラムを作成してください。

開設後、日々のプログラムを行いながら、改善していけばいいと思います。

 

全くプログラムのイメージがない方は、既存の放課後デイの見学に行くとよいでしょう。

良い面、悪い面を、感じられます。

 

当事務所は、依頼者に見学先を紹介することもあります。

他の行政書士事務所ではできないサービスだと、思います。

 

放課後デイプログラム