待機児童の問題で、保育士の人件費は上がっています。

地域によっては、保育士の取り合いになっています。

児童発達支援事業においても、他人事ではありません。

 

ただ、待遇ではなく、純粋に障害児と関わる仕事がしたいと考えている保育士の方はいます。

保育園や幼稚園とは時間の流れや業務も異なりますので、それほど心配することはありません。

 

以前にも記載しましたが、一度障害児と接する仕事に就くと、一般の保育園などに転職しなくなる傾向があります。

障害児療育は、それほど魅力がある業務です。

児童発達支援の保育士