児童発達支援事業とは

児童発達支援事業は、障害児が日常生活における基本的動作及び知識技能を習得し、集団生活に適応することができるように、当該障害児の身体及び精神状況、並びに、その置かれている環境に応じて、適切かつ効果的な指導及び訓練を行う事業のことです。

 

児童発達支援センターと、児童発達支援センター以外に分類されています。

 

もう1つの形態として、医療型自動発達支援または医療型児童発達支援センターもあります。

障害児が(上肢、下肢または体幹の機能の障害がある児童)が、日常生活における基本動作及び知識技能を習得し、並びに集団生活に適応することができるよう、当該障害児の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて適切かつ効果的な指導及び訓練並びに治療を行います。

 

が、診療所とされる設備を要するため、新規参入が容易ではありません。

 

当サイトでは、児童発達支援のみを取り上げます。

 

障害児の活動の場を提供するサービス

上記は難解でわかりにくいと思います。

つまり、障害児に活動の場を提供し、専門的養育をします。

保育園や幼稚園などでは、最近では障害児も受け入れてくれますが、個々に合わせた専門的養育は受けられません。

児童発達支援は、専門職を配置して、専門的サービスを提供するものです。

児童発達支援